Pythonにバッファオーバーフローの脆弱性

荒浪一城 2007年09月20日 10時33分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 9月19日(デンマーク時間)、Secuniaは「Python」にDoSとシステムアクセスの脆弱性が発見されたと公表した。影響度は、5段階中下から2番目の「Less critical」に位置づけられている。

 Secuniaによると、この問題はPython 2.5.1のimageopの"tovideo()"関数にヒープベースのバッファオーバーフローの脆弱性があり、攻撃が成功した場合、悪意あるコードが実行されてしまう危険があるというもの。

 影響を受けるバージョンは次の通り。

  • Python 2.2.x
  • Python 2.3.x
  • Python 2.4.x
  • Python 2.5.x

解決策:

  • imageopの"tovideo()"関数を使用する際に、信頼できるデータだけを処理する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR