MS、.NET版Pythonのベータをリリース

文:Ingrid Marson (Builder UK)
翻訳校正:坂和敏(編集部)

2006-01-05 17:10

 Microsoftが.NET版Pythonのベータ版をリリースした。

 Microsoftによると、先週末にリリースされた「IronPython 1.0 Beta 1」は、ほかのすべての.NETプログラミングフレームワークと「密接に統合」され、Pythonのプログラマーはどの.NETライブラリも「容易」に利用できるようになるという。

 UNIX版Pythonを開発するSalim Fadhleyによると、PythonはUNIXプラットフォームで普及しているスクリプティング言語で、MicrosoftがこれをサポートしたことはUNIX系開発者をWindowsプラットフォームに移行させるのに役立つはずだという。

 「MicrosoftがPythonをサポートすれば、それはUNIXの上級ユーザーにとって大きな魅力となるだろう。主力ソフトウェアベンダーが自分たちのお気に入りの言語を主要言語としてサポートすることは、Windowsに移行する大きな要因になる。現在、Pythonの開発者の大半はMacやLinuxを使っている。IronPythonは、従来のUNIXスクリプト環境に進出するMicrosoftにとって大きな布石となる」(Fadhley)

 しかし、ほかのプラットフォームでの.NETサポート実現を目指しているのはMicrosoftだけではない。オープンソースの「Mono」プロジェクトも同社のライバルになる。同プロジェクトでは、UNIXなどMicrosoft以外のOSでの.NETサポートに取り組んでいる。

 Microsoftでは「Visual Studio」へのIronPythonのサポート追加をまだ表明していないが、同社がこれをサポートするというのが大方の見方だ。さらに、12月にはソフトウェアベンダーのActiveStateが自社のVisual Python製品のサポートを中止するとのニュースが流れ、その噂がさらに真実味を帯びていた。同製品はPython用のVisual Studioプラグインだ。

 Fadhleyによると、オープンソース開発者は、Pythonがサポートされればソフトウェア開発にVisual Studioの利用を検討する可能性が高いという。同氏は、コンテンツ管理システムの「Plone」やアプリケーションサーバ「Zope」の開発プロジェクトに参加するオープンソース開発者でもある。

 「いつもならMicrosoftに不信感を抱くオープンソース関係者も、これには魅力を感じると思う。私も、通常ならMicrosoft Visual Studioを使うことなどないが、これがIBMのEclipseなどのほかの製品から乗り換える決定的要因になる可能性もある。ただし当面は、Pythonのプラットフォームとして熟成されたLinuxもしくはMacでEclipseを使っていくだろう」(Fadhley)

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]