アンラボ、オンラインゲーム用統合セキュリティソリューションをTGSに出展

吉澤亨史 2007年09月20日 19時47分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アンラボは9月20日、オンラインゲーム用統合セキュリティソリューション「AhnLab Game Total Protect」を、TOKYO GAME SHOW 2007に出展すると発表した。

 AhnLab Game Total Protectソリューションは、ゲーム時に発生する可能性があるすべてのセキュリティインシデントに対応するために韓国Ahnlab社が開発したオンラインゲーム用統合セキュリティソリューション。全世界で53企業の95タイトルに導入されており、日本でも有数のオンラインゲームタイトルへの導入実績がある。

 本ソリューションは、「クライアントハッキングプロテクト(HackShield)」「クライアントウイルスプロテクトサービス(MySaaS)」「サーバープロテクト(WhiteShield)」「ネットワークプロテクト(TrusGuard)」の製品群で構成されるもので、それぞれ単独の製品としても運用できる。

 また、オンラインゲーム関連ウイルス情報の提供や、オンラインゲームハッキングツール発生状況、その他主に韓国でのオンラインゲームのセキュリティインシデント発生状況報告など、セキュリティに役立つ情報を同時に提供する。

 TOKYO GAME SHOW 2007のビジネスソリューションコーナーでは、「AhnLab Game Total Protect」ソリューションの紹介とゲームハッキングの実演、クライアントウイルスプロテクトの「AhnLab MySaaS」の30日体験版CDの配布などを行い、最新のハッキング防止ソリューションの効果を実際に体験できる機会を提供する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!