Ruby対応を強化!--サン、「NetBeans 6.0 Beta2」リリース

荒浪一城 2007年10月23日 19時50分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Sun Microsystemsは10月23日、オープンソースの統合開発環境(IDE)「NetBeans 6.0 Beta2」をリリースした。

 NetBeansはオープンソースのIDEで、Java SE、Java EE、Web、モバイル、UML、SOA、Ruby、C/C++などの開発に利用可能である。NetBeansは、Ruby(JRuby)のIDEとしての機能を拡充しており、今回のリリースでも引き続き対応が強化された。

  • Ruby
    • コードの補完を改良した
    • メソッドとクラスの上で、Ctrlを押しながらドラッグするとドキュメントがツールチップとしてポップアップするようにした
    • オプションのプラグインを追加
  • データベース
    • データベースエクスプローラがSQLを生成すると、必要な場合だけ、識別子を引用する。これにより、SQLテキストをはるかに読み込みやすくなる
    • MySQL、PostgreSQLドライバはバンドルされ、あらかじめ登録されているように変更
  • Web
    • 性能を改善したWoodstock 4.1 Build 14を同梱

 詳細な変更点は、「NetBeans Wiki」を参照して頂きたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR