編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

NetBeans 6.0 M10:Rubyへの対応強化、最後のマイルストーンに

荒浪一城

2007-07-03 14:11

 2日、「NetBeans IDE 6.0 Milestone 10(M10)」がリリースされた。

 NetBeansは、Common Development and Distribution Licence(CDDL)などで配布されているオープンソースの統合開発環境(IDE)である。単なるJavaのIDEではなく、WebとJava EE、モバイル、UML、SOA、そしてRubyの開発環境としても利用可能。

 Milestone 10では、以下の機能が強化された。

  • Rubyのデバッガーの強化
  • Visual Designerの見た目の改善
  • より多くのAjaxがProject Woodstockから利用可能なように強化
  • Struts 1.3.xのファイルがIDEによって認識されるように強化
  • UMLソースコードとの同期化

 Rubyへの対応はNetBeans 6.0の大きな特徴の1つ。Milestone 10でも、リネームリファクタリングやRHTMLファイルでのコード補完など強化が行われた。詳細な変更点は、NewAndNoteWorthyMilestone10を参照していただきたい。またMilestoneのリリースは、M10で最後となる予定。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]