編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

NetBeans 6.0 Beta1リリース--Ruby機能が強化

荒浪一城

2007-09-18 11:21

 9月12日(米国時間)Sun Microsystemsは、「NetBeans 6.0 Beta1」をリリースした。

 NetBeansは、オープンソースの統合開発環境(IDE)で、Java SE、WebとJava EE、モバイル、UML、SOA、Ruby、C/C++などの開発に利用可能である。NetBeans 6.0ブランドとして、イメージやアイコン、そしてスタートページのデザインが統合された。また、プラグインマネジャーの強化とツールとプラグインに対する修正、Diff機能の改良も行われている。

 NetBeansは、Ruby(JRuby)のIDEとしての機能拡充しており、今回のリリースでも引き続き強化されている。

  • クイックフィクス
    • ローカル変数を変更した際のブロック変数の自動検出
    • 推奨されていないRails用法を特定して警告(Rubyオプションパネルで設定する)
    • 定義されたクラスまたはメソッドに関し、同一行だけでなく行をまたいでも、フォーマット定義を吹き出しで表示することができる
    • 実験的にRubyのメソッドや引数の補完などに対応。ただし、Beta1にはバンドルされないのでPluginマネージャーから入手すること。さらに細かな情報は、こちらを参照
  • RHTMLのフォーマットをRubyフォーマットのアルゴリズムへ改良
  • バンドルされている「JRuby」を1.0.1にアップデート
  • RailsプロジェクトをJava EEアプリケーションサーバーにデプロイする機能
  • YAMLコードの折りたたみとナビゲーター、改良されたRHTMLナビゲーター

 詳細な変更点は、こちらを参照して頂きたい。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    安全なテレワークや在宅勤務を担保する、DCセキュリティの新パラダイム

  2. コミュニケーション

    PC不要!自宅でも会議室でも即ミーティングが可能!脅威のシンプルさの秘密とは?

  3. クラウドコンピューティング

    【事例動画】顧客との“つながり”を創出し「モノ」から「コト」へと実現したIoT活用法とは

  4. セキュリティ

    セキュリティ侵害への対応は万全ですか?被害を最小限にとどめるための10のヒントを知る

  5. セキュリティ

    SANS「2020 CTI調査」が明かす、サイバー脅威インテリジェンスの最新動向

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]