RAIDアレイに問題があり、RAIDの再構築がスタートした

OSSメッセージペディア 2007年10月30日 11時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

md: mdname: raid array is not clean -- starting background reconstruction

対処

再構築が終了するのを待つ。再構築の状況は/proc/mdstatで確認できる。

説明

mdデバイス起動時、該当RAIDアレイに問題があり、バックグラウンドでRAIDの再構築をスタートさせる時に出力する。

該当デバイスのモードがRAID1以上の場合、RAIDを構成するデバイス間でデータの同期が取れていない場合に出力するメッセージであり、このメッセージを出力後、mdドライバが起動するカーネルスレッドによってバックグラウンドでデータの同期とRAIDの再構築を開始する。

この状態は、システムダウンやRAID構成の変更によって発生することがある。また、再構築の期間、該当RAIDのアクセス性能が低下する恐れがある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR