ActionScript向けIDE:FlashDevelop 3.0.0 Beta5

原井彰弘 2007年12月05日 15時17分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 FlashDevelopプロジェクトは12月2日、ActionScript開発向け統合開発環境(IDE)「FlashDevelop」の新バージョン「FlashDevelop 3.0.0 Beta5」をリリースした。

 FlashDevelopは.NETを用いたオープンソースのスクリプトエディタで、主にActionScriptバージョン2、同3を用いた開発向けに作られている。すぐにセットアップでき、使用方法も簡単であることが特徴だとしている。プロジェクト管理機能のほかに、コードの補完機能、クラスパスの自動検出機能、MTASCのコードチェック機能などを提供しているほか、SWFプレイヤーやソケット通信のログ機能も組み込まれている。

 今回リリースされた新バージョンでは、新たにキャッシュ機能が搭載され、IDEの起動やプロジェクトを開く際にかかる時間が短縮されたほか、メソッドのオーバーライドに対するコード補完やコード生成機能が追加された。また、完全に独立したアプリケーションとして動作させることが可能になったため、FlashDevelopをUSBメモリなどに入れて別のコンピュータで利用できるようになった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから