編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

「Grails 0.6はRailsからさらに遠ざかった」:Grails開発者語る

原井彰弘

2007-09-18 21:30

 Groovy上で動作するウェブアプリケーションフレームワーク「Grails 0.6」が8月31日にリリースされたが、開発者のGraeme Rocher氏は、は自身のブログ上で「Grails 0.6のリリースで、GrailsはRailsからさらに遠ざかった」と述べている

 Grailsは、もともとはRuby on Railsを意識して開発されたフレームワークだった。しかし、Spring Web Flowとの統合や、Springのスコープのサポートがなされた結果、JBoss Seamと同じようなリッチな「カンバセーション」をサポートしたとしている。

 その中心となるのは、Web Flowを記述するために作成したGroovy Builderである。Web Flowプロジェクトで現在用いられているXMLよりも、表現力豊かな記述が可能になっている。また、Web Flowは状態遷移を管理し、Hibernateを組み込んでカンバセーションがアトミックになるようにしている。

 Grails 0.6では、ほかにもさまざまな機能が追加されている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]