Groovy 1.5:アノテーションやジェネリックなどJava 5の成果取り込む

後藤大地(オングス) 2007年12月10日 22時33分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 11月9日(米国時間)、Groovy 1.5が公開された。GroovyはJavaで開発されたスクリプト言語。Java仮想マシンとシームレスに連動して既存のJava資産にアクセスできるほか、Javaとよく似た文法を持っているという特徴がある。

 Groovy 1.5ではJava 5で導入されたアノテーションやジェネリック、static import、enumといった機能が取り込まれているほか、Javaとよりシームレスな統合を実現するための新しいツールチェインの追加、Groovy Swingビルダの導入などが実現されている。

 Groovyの次期リリースはもともとはGroovy 1.1として予定されていたが、実現された追加機能や改善項目がマイナーバージョンアップとするには不十分として、リリース前に"Groovy 1.5"とバージョン番号が変更になった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!