マイクロソフト、「SQL Server 2008 RTM」を第3四半期に先送り

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子 2008年01月28日 00時27分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Visual Studio 2008」のRTM版は2007年末に公開された。「Windows Server 2008」は2月にRTM版が出る見込みである。しかしMicrosoftが米国時間2008年2月27日にロサンゼルスの大規模な企業イベントで同時に立ち上げの予定であった3製品のひとつである「SQL Server 2008」に遅れが出ているようだ。

 Microsoft関係者は昨年、SQL Server 2008は、2008年第2四半期にRTM版がリリースされそうだと述べていた。

 しかし1月25日のブログ記事のなかで、SQL Serverのプロダクトマネジメントディレクターを務めるFrancois Ajenstat氏は、SQL Server 2008のRTMの新期日は今年第3四半期となりそうだと述べた。

 「Microsoftは機能を完全に備えた「Community Technology Preview(CTP)テストリリース」をHeroes Happen Here開始イベント中に提供できることで沸き立っている。RCは2008暦年第2四半期となる予定であり、SQL Server 2008の最終的なRTMは第3四半期に予期している。われわれの目標は、最高品質の製品を提供することであり、読者やわれわれの顧客が期待するような高い基準を満たすために、とにかくこの時間を費やしたい。」

  Ajenstat氏は、2月27日は予定通りの運びとなることを強調した。同氏はSQL Server 2008が遅れる理由の詳細は明らかにしていない。

  SQL Serverの開発プロセスを加速させるために、Microsoftはコードネーム「Katmai」とするSQL Server 2008を、より伝統的なベータではなく、CTPを通してテストしてきた。Microsoftは2007年6月に最初のSQL Server 2008 CTPをリリースしている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR