IPAのOSSセンター、「オープンソフトウェア・センター」に名称変更

田中好伸(編集部) 2008年04月01日 18時50分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 情報処理推進機構(IPA)は4月1日、「オープンソースソフトウェア・センター」の名称を「オープンソフトウェア・センター」に変更したことを発表した。

 同日から第二期中期計画期間に入ったIPAでは、同計画で“オープンな標準”を取り入れたソフトウェアの普及という新しい活動目標を加えた。これに伴い、組織の名称を変更したとしている。

 IPAでは、「知恵を共有することでより良いソフトウェアを生み出してゆくオープンソースと、仕様を共有することでソフトウェアの選択肢を拡大するオープンな標準は、車の両輪のように社会を支えるソフトウェアにとって重要な要素」と説明し、オープンソフトウェア・センターはこれら双方の普及促進に努めていくとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?