編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

前版の約2倍の漢字をサポート--IPA、一般ユーザー向けに独自フォント無償配布

田中好伸(編集部)

2007-10-01 22:05

 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は10月1日、アウトラインフォント「IPAフォント」の無償での一般ユーザー向け配布を開始した。ウェブサイトからダウンロードできる

 IPAフォントは、2003年末から公開してきたが、今回一般ユーザー向けの使用許諾条件(End User License:EUL)を定め、無償配布を開始した。これまでは、IPAが支援したプロジェクトで開発されたソフトの活用を目的に配布していた。

 同フォントは明朝体とゴシック体があり、それぞれに等幅とプロポーショナルの2種類、メニュー表示などに適したUIフォントを加えて計5種類が用意されてある。最新の日本語文字コード規格である「JIS X 0213:2004」に準拠することで1万1000以上の漢字をサポートしている。同規格の前版となる「JIS X 0208:1997」では約6000をサポートしており、利用できる漢字が約2倍に増えたことになる。

 これまでは一部のオープンソースソフトウェア(OSS)環境では、フォントが十分に提供されていなかったために、ソフトウェアを開発しても思うように日本語の表示や印刷ができないなどの問題があった。また、違うOS上で作成した文書などを交換する時の互換性の問題も意識されていた。こうした背景からIPAでは、環境を問わない共通の日本語基盤として自由に利用できるフォントとして、IPAフォントを開発している。

 今回の無償配布は一般ユーザーを対象にしたものであり、フォントのデザイン変更を可能にするライセンスについては「2008年3月末までに検討を終えたい」(オープンソースソフトウェア・センターでセンター長を務める田代秀一氏)としている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]