マイクロソフト、Officeの相互運用性向上へ

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟 2008年07月01日 08時13分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間6月30日、2月に明示していた自社製品と他社ソフトウェアとの相互運用性向上方針に沿う、一連の新たな取り組みを発表した。

 このニュースは、ますます規模が大きくなってきている。Microsoftは、以前の「Office」ファイルフォーマットバイナリや、「Office 2007」に使用されているプロトコルの最終版の仕様に関するドキュメンテーションの公開範囲を広げている。しかしながら、最も筆者の関心を引いたのは、次の2つの新たなプロジェクトである。

 最初のプロジェクトは、Microsoftが、中国の北京航空航天大学と共同で進めているもので、中国政府が採用する「Unified Office Format(UOF)」フォーマットにて、ExcelおよびPowerPointファイルの閲覧や保存が可能になるトランスレータが開発されている。別のプロジェクトでは、ソフトウェアメーカーが、Office 2007のOffice Open XML(OOXML)フォーマットを読み込むブラウザベースのアプリケーション開発を容易に進められるように、Microsoftは、Office 2007のドキュメントをHTMLに変換するトランスレータの開発を手がけている。

 Microsoftの相互運用性促進部門ゼネラルマネージャーであるCraig Shank氏は「ドキュメントレベルで、顧客は相互運用性を求めており、さまざまな異なる方法で、自由にドキュメントを使用できることが望まれている」と述べた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR