富士通とSun、クアッドコア「SPARC64 VII」搭載の「SPARC Enterprise」新モデルを販売開始

田中好伸(編集部) 2008年07月14日 20時46分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通と米Sun Microsystemsは7月14日、クアッドコアプロセッサ「SPARC64 VII」を搭載したUNIXサーバ「SPARC Enterprise」の新モデル「M4000」「M5000」「M8000」「M9000」の計4モデルの販売を開始したことを発表した。

 今回の4モデルは、1CPUあたり4コア・8スレッド、最大動作周波数2.52GHzのSPARC64 VIIを搭載。従来機と比較して1.8倍の性能向上を実現しているという。最上位モデルのM9000では、最大64CPU、256コアの構成が可能になっている。

 SPARC64 VIIは、1コアあたりの消費電力を前世代の「SPARC64 VI」と比べて44%削減しているという。従来から提供している仮想化機能である「ハードウェアパーティショニング」や「Solarisコンテナ」で、SPARC64 VIIの性能・拡張性を活用することで、最適なサーバ仮想化・サーバ統合の環境を実現できるとしている。

 SPARC64 VIIは、SPARC64 VIと同じアーキテクチャで開発されており、SPARC64 VI搭載の既存サーバにSPARC64 VIIを追加することが可能になっている。SPARC64 VIとのCPU単位での入れ替えも可能となっており、既存のサーバ資産を有効活用しながら、システムの性能を向上させることができるとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?