編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

富士通とサン、UltraSPARC T2プロセッサ搭載エントリサーバをダブルブランドで提供

CNET Japan Staff

2007-10-10 10:08

 富士通とSun Microsystemsは10月9日、UltraSPARC T2プロセッサを搭載した初のサーバ「SPARC Enterprise T5120」および「SPARC Enterprise T5220」の販売を開始した。同製品は、富士通ブランドおよびSunブランドとして全世界で販売される。

 SPARC Enterprise T5120およびSPARC Enterprise T5220は、リアルタイム性が必要なウェブフロント業務やアプリケーション、オンライントランザクション処理、技術計算などの分野に最適化されたサーバ製品。高い性能、拡張性、高密度実装による省スペースが特長となる。

 また、UltraSPARC T2プロセッサに内蔵された仮想化機能により、少ないリソースで仮想化システムの構築と運用を実現できる。価格は、SPARC Enterprise T5120が97万1000円より、SPARC Enterprise T5220が108万6000円より。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]