マイクロソフト、Windows Home Serverのアップデート「Power Pack 1」をリリース

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年07月22日 11時27分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間7月21日、「Windows Home Server」の初のアップデート「Windows Home Server Power Pack 1」をリリースしたと発表した。Power Pack 1では、数カ月前から存在するデータ破損を招く恐れのあるバグの修正に加え、いくつかの新機能が追加されている。

 このPower Pack 1は、Microsoftのウェブサイトで入手可能だ。また同ソフトウェアの導入により、ホームサーバと、64ビット版Windows Vistaを搭載しているPCとのデータ共有が可能になる。Vista搭載機に搭載されているVistaの大半は32ビット版だが、64ビット版も熱烈なファンが愛用しており、彼らがWindows Home Serverを試している可能性は高い。

 Windows Home Server は、2007年のConsumer Electronics Show(CES)でBill Gates氏が発表した。同ソフトウェアは、音楽、映画、写真などのファイルやメディア用のセントラルリポジトリやバックアップポイントの機能を果たすように設計されている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR