シンクライアント関連市場、年間平均36%増で成長--IDC Japan予測

吉澤亨史 2008年11月21日 18時18分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IDC Japanは11月19日、シンクライアント専用端末出荷台数および市場規模の予測を発表した。これは、2008年上半期の実績調査をもとに分析したもの。2012年にはシンクライアント専用端末の出荷台数が54万台を超え、シンクライアントソリューション市場規模は1415億円に達すると予測している。

 シンクライアント専用端末の出荷台数は、2007年の実績値で11万6000台。2008年の予測値は17万台超で、2012年には54万台超となる見込み。2007年から2012年の出荷台数の年間平均成長率(CAGR)は36.0%と高成長が期待できるとしている。

 シンクライアント専用端末と、パソコンにUSBメモリーキーを装着したシンクライアント化端末を合わせた総出荷台数は、2007年の実績値で19万6000台。2012年には87万6000台に達するとみている。

 シンクライアントの導入目的には、セキュリティ対策、運用管理効率化、生産性向上などがある。また事業継続性および災害復旧対策、グリーンIT、ワークスタイル変革といったシステム全体の再編の牽引役も果たすことから、注目分野だとIDC Japanでは分析している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?