リリース名は「Karmic Koala」--Ubuntu 9.10の一部情報が明らかに

文:Chris Duckett(ZDNet.com.au) 翻訳校正:編集部 2009年02月23日 12時41分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Ubuntu Linuxディストリビューションの開発チームが2009年10月のリリースについて計画を明らかにした。頭韻を踏んで連続したアルファベットのリリース名を採用するUbuntuの習慣に従い、「Ubuntu 9.10」は「Karmic Koala」と呼ばれる。

 Karmic Koalaのサーバ版はクラウドコンピューティングを強く意識したバージョンになる。同バージョンはAmazon Elastic Compute Cloud(EC2)のプログラミングインターフェースをサポートし、クラウドアプリケーションの導入を容易にしている。またEC2ライクなクラウドコンピューティングを実装するための機能として、Eucalyptusプロジェクトの成果も取り入れる。

 プロジェクトの創設者で資金も提供するMark Shuttleworth氏は開発者向けの電子メールで「この発表がオープンで漠然としていると感じたら、それはわれわれがクラウドコンピューティングのスイートスポットを捉えているということである」と述べた。

 一方のデスクトップ版では「Ubuntu Netbook Edition」での操作性が改善されたほか、Shuttleworth氏の思い入れにより、ブート時およびログイン時のエクスペリエンスが向上する。

 「第一印象はとても大切(中略)デスクトップにはその隅々まで設計者の考えが現れる。われわれはこの度、新しい外観を提供すべく力を入れ始めている」とShuttleworth氏は述べる。同氏によると、Karmic Koalaの正式な新機能は5月25日〜29日にスペインのバルセロナで開催されるUbuntu Developer Summitで明らかにされるという。

 Shuttleworth氏はまた先週末、Ubuntuの通知システムを改善するために取り組んできたNotifyOSDについても詳細を明らかにしている。同氏は、NotifyOSDと連係させるために少なくとも35のアプリケーションに変更を施す必要があり、「Pidgin」と「Evolution」を最初のターゲットにしていると述べている。

 NotifyOSDは、4月にリリース予定の「Jaunty Jackalope」にも含まれる。10月リリースのKarmic Koalaにはこれに複数のパーシステンスツールが追加される。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?