エイチアイ、アプリックスと戦略的提携

エースラッシュ 2005年04月21日 19時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エイチアイは4月21日、アプリックスと戦略的提携および、エイチアイが実施した第三者割り当て増資をアプリックスが引き受けたと発表した。

 3月30日付けでエイチアイは第三者割当増資を行い、その発行新株式1500株を総額1億312万5000円でアプリックスが引き受けた。これにより、エイチアイの資本金は4億8900万円、アプリックスの持ち株比率は6.6%となる。同時に、アプリックスからエイチアイに取り締まりを派遣することでも合意しているという。

 組み込み機器向けのミドルウェア開発を行うエイチアイと、携帯電話をはじめとするデジタル機器用のJavaテクノロジーを供給するアプリックスが開発・実装面で親密に連携することで、顧客に対してよりよい機能・環境を提供するのが目的だ。特に高性能なグラフィック機能の提供と、Javaによる3Dコンテンツ制作環境の提供を行う。また、今後両社は3D以外の技術開発においても協力してゆく予定だ。

エイチアイ
アプリックス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから