マイクロソフト、ライセンス条項の簡略化に着手

Ina Fried (CNET News.com) 2005年05月12日 10時51分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは、同社の複雑な製品ライセンス条項をより明解にするため、製品のライセンス方法と供与される権利を基準として、各種製品をカテゴリごとにグループ分けしていくと発表した。

 この取り組みは米国時間7月1日から実施され、Microsoftの定期的なラインセンスプログラムアップデートの一環として位置付けけられる。同社のソフトウェアライセンス条項そのものに手を加えるのではなく、条項をユーザーに対してわかりやすいものにするのが目的だと、Microsoftは話している。

 「顧客から現状のままでは混乱してしまうという意見が寄せられた」と語るのは、Microsoftのワールドワイドライセンシング&プライシング部門プロダクトマネージャSunny Charleboisだ。Charleboisによれば、Microsoftの各種製品やその利用規則などを記した以前の概要書は、100ページ以上もあったという。「法律用語ばかりで、理解するのは非常に難しかった」(Charlebois)

 Microsoftは、同社の約70製品すべてを9つのカテゴリにグループ分けすることで、製品使用権説明書の内容を半分に減らそうと考えている。例えば、あるソフトウェアはサーバごとにライセンスを取得する必要があるし、別のプログラムのライセンスはサーバのプロセッサごとに取得することになっている。ほかにも、接続するデスクトップごとに料金を徴収する「Client Access License(CAL)」も存続する。

 Microsoftは新たな取り組みを通して製品をこうしたカテゴリごとにグループ分けするが、今後発表する製品も、そのために新しいカテゴリを作るのではなく、9カテゴリのうちの1つに振り分けるとしている。もっとも、取り組みは進展を見せているものの、 ライセンスプログラムが本当にシンプルなものになるまでには相応の時間がかかると、Microsoftは述べている。

 「やらねばならないことは、まだまだある」(Charlebois)

 Microsoftでは、ライセンス条項が四半期ごとに小改正される。例えば2004年9月には、ユーザーが製品ライセンスを新たに購入しなくても、ソフトウェアのスタンダードエディションライセンスからエンタープライズエディションライセンスへアップグレードできるようにするための、永続的なプログラムが開始された。また同月には、製品使用権に関するウェブページが開設され、それまで複製が防止されたドキュメントでしか参照できなかった情報に、より容易にアクセスできるようになっている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化