SAP、マイクロソフトとの共同開発の成果を一部公開

Martin LaMonica (CNET News.com) 2005年05月20日 19時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ボストン発--SAPが米国時間19日、Microsoftとの技術統合を通じて開発中のビジネスアプリケーションの一部を披露した。

 SAP取締役のShai Agassiは、当地で開催中の顧客向けカンファレンス「SAPPHIRE」にて、Microsoftとの共同プロジェクトである「Mendocino」(開発コード名)で実現しようとしていることの一部を紹介した。

 2社の共同開発技術として最初に紹介されたのは、SAPのERPアプリケーションと連携するようにカスタマイズされた電子メールソフトMicrosoft Outlookだった。Agassiはまた、プロジェクト管理システムや人事管理ソフトウェアなどのSAPアプリケーションの情報にOutlookからアクセスする方法を披露した。

 また同氏は、ある人物がOutlookのカレンダーに情報を入力すると、その情報が直接SAPのプロジェクト管理ツールに反映される様子を示すデモを行った。デモでは、Outlookのインターフェースに SAPのタスクバーが表示されていた。このほかにも同氏は、ユーザーがOutlookのインターフェースを利用して、SAPのデータ分析ツールが作成するデータにアクセスする例を示した。

 2社の提携によって開発されたこれらのツールは、SAP製品として2006年後半に発売される予定だ。また両社の経営幹部によると、2005年の末には一部の顧客がこれを試験的に導入する計画だという。

 「これは、SAPアプリケーションを使い易いものにするための取り組みだ。われわれは、これを実現したいと前々から考えていた」とAgassiは言う。「この取り組みの成果をすべてのSAPユーザーが享受できると思う」(Agassi)

 また、会場では、Microsoftの最高経営責任者(CEO)Steve Ballmerが出演するビデオが流された。Ballmerは、今回の取り組みによって、人々のビジネスアプリケーションへのアクセス方法やその活用方法に「革命が起きる」だろうと語った。またMicrosoftは、次世代Officeビジネスパッケージで提供予定の新機能のいくつかを宣伝した。

 Mendocinoの取り組みを通して、SAPは自社アプリケーションのユーザー数を増やしたいと考える。Microsoftも、自社製品とビジネスデータを連携させることで、ユーザーにOfficeのアップグレードを促したい考えだ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化