日本NetAppがミッドレンジ向けストレージ新機種の受注を開始

日川佳三(編集部) 2005年05月26日 23時21分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ネットワーク・アプライアンスは5月27日、FibreChannelやiSCSIによるSANアクセスやNASファイルシステム・アクセスなどマルチインターフェースで使えるストレージ製品のミッドレンジ新機種「NetApp FAS3020」(最大84Tバイト)と「同3050」(最大50Tバイト)の受注を開始する。高さは6Uラックマウント大。価格はFAS3020が400万円前後から。

NetApp FAS3020の本体

 FASのコントローラが搭載するOSであるData ONTAPは、マルチインタフェースのほか、仮想化技術によって事前にパーティショニングすることなく動的にディスク領域を割り当てる機能や、RAID-4から見てコストの増大を抑えつつ信頼性を向上するRAID-DP構成機能などを備える。

 RAID-DPは、FASで選択可能なもう1つの構成であるRAID-4の考え方をベースとしつつ、RAID-4を拡張した構成である。RAID-4はパリティ情報専用ディスクを1台用意したストライピングセットであり、RAID-DPは、RAID-4にさらに1台、パリティ情報専用のディスクを用意する。RAID-4セット全体のパリティを対角線で計算して専用ディスクに保存する。これにより、同一RAID内で同時に2個のディスクが壊れても復旧可能である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR