IBM、「Project Harmony」への参加を表明--オープンソース版Java SEの開発へ

Martin LaMonica (CNET News.com) 2005年07月22日 12時20分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMがオープンソースのJavaプロジェクト「Harmony」に参加し始めたことを、同社の幹部が明らかにした。同社では今後、プロジェクトにコードを寄贈する予定だという。

 IBMの新技術担当バイスプレジデントRod Smithによると、同社はここ一週間の間に、Apache Software FoundationのオープンソースプロジェクトHarmonyに担当者を派遣し始めたという。

 現時点では、IBMの参加は、設計に限定されている。しかし、Smithによると。将来的には、同プロジェクトにコードを寄贈する意向であるという。

 「将来的に必ず、われわれのコードがたくさんの人の目に触れることになる。だが、現段階では、IBMはアイデアや設計をまとめる作業のみに参加している」とSmithは述べる。「われわれは、プロジェクトに関していろいろなアイデアを持っている。これらの考えがHarmonyの戦略に組み込まれることを期待している」(Smith)

 Harmonyは、デスクトップPCでJavaプログラムを動作させるためのJavaプラットフォームである「Java Standard Edition(Java SE)」のオープンソース版を開発するために5月に立ち上げられた。

 Smithによると、IBMは、同プロジェクトの方向性とゴールが明確になるまで参加を見合わせていたという。

 IBMは長い間、Javaをオープンソース化するのが好ましいという考えを明確にしてきた。Smithは2004年、当時Sun MicrosystemsのバイスプレジデントであったRob Gingellに書簡を送り、Javaのオープンソース化を訴えていた。

 Sunの幹部は、互換性のないバージョンが乱立する可能性があることを理由に、Javaのオープンソース化に消極的な姿勢を見せていた。しかし、同社は、ライセンスポリシーを変更し、Java SEのコードを閲覧したり、追加機能を寄贈したりすることを容易にした。

 IBMもSunも、これまでHarmonyには正式に参加して来なかったが、どちらの社員からも、同プロジェクトを支持するとの声が上がっていた。

 また開発者の間では、IBMがHarmonyに参加し、コードを寄贈することになるのではないかとの憶測が流れていた。

 IBMは、Java SEのコンポーネントの1つであるJava仮想マシンをすでに自社開発しており、Javaについての専門知識が豊富だ。IBMは5月、オープンソースのJavaアプリケーションサーバを提供するGluecodeを買収している。Gluecodeは、Project Harmonyに貢献しているGeir Magnusson Jr.をはじめ、オープンソースJavaの専門家を社員として抱えている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR