編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

サンはJavaの何をオープンソース化したのか(3/3)

David Berlind(ZDNet.com)

2005-07-06 18:26

 参照実装を至上のものにしたいと思うなら、Sunは商標のライセンス条件を緩和すべきだ。そうなれば、Javaを取り巻く環境は、IBMが追い求めているもの近づくだろう。IBMが欲しがっているものの中でも、テストと商標ライセンス料を無くすことは、同社にとって長年の望みだった。想像でしかないが、Sunがすぐに商標ライセンス条件を緩和することはないだろう。だが、IBMがJavaの契約を10年間延長し、Solarisをサポートすることにしたことから推し量ると(しかも、SunとIBMの幹部がJavaOneであんなに親しくしていたことから考えると)、Sunはある程度妥協しなければならなかったに違いない(鼻が利くニュース屋にとっては、ここが出番である)。

 もう1つ、Sunの参照実装が広まるかどうかに影響を与えるのは、Sunがこの実装に適用したオープンソースライセンスであるCDDL(Common Development and Distribution License)だ。CDDLは、幅広い信頼を獲得したMozilla Public Licenseをベースとした優れたオープンソースライセンスだと考えられているが、GNU GPL(General Public License)ではないし、みんながCDDLを気に入っているわけでもない。IBMはついこの間GlueCodeを買収したばかりだが、GlueCodeチームはApacheプロジェクトのGeronimoをベースにしたソフトの開発を行っている。IBMがこれをまったく別のコードベースに移行してライセンスを取得し直すことはありえないだろう。また、GlueCodeを買収したすぐ後に、IBMがJava EEの参照実装を至上のものとして、まつり上げることもありえない。こう考えると、私は、IBMの思惑を掘り下げたコラムを書く必要があるかもしれない。Java EE 5参照実装がオープンソース化されたことによって、GlueCode買収の価値が下がってしまうかどうかは見てのお楽しみだ。だが、このことがSun幹部の頭の片隅にあったことは間違いない。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]