携帯電話ハンズフリーでは安全運転にならない?

David Berlind(ZDNet.com) 2005年07月14日 20時40分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 British Medical Journalに掲載された研究論文で、著者のSuzanne McEvoyは、ハンズフリーで携帯電話を使用するドライバーも、使用しないドライバーと同じくらいの確率で自動車事故に遭うという研究結果を発表した。この研究に関して、CBSNews.comは「研究者は、携帯電話の通話記録をもとに、それぞれのドライバーについて、事故にいたるまでの10分間と、事故の1週間前の電話の使用状況を比較した」と報告している。論文を要約した資料によると、「事故前の10分間を携帯電話で通話して過ごしたドライバーは、そうでないドライバーに比べて、事故に遭う確率が4倍高い」という。さらに、「事故に遭う確率は、携帯電話がハンズフリーだったかどうかに関係はなく」、性別や年齢による差は見られなかったという。

 これは推測だけれども、この研究で事故前の10分間を選んだ理由は、事故発生の正確な時間が正しく報告されていない場合を考慮に入れての判断だと思う。もしそうなら、この調査結果が仮定していることの1つは、報告された事故発生時間の前の10分間に携帯電話を使っていたドライバーは、事故発生の時点でも電話で話をしていたということだ。だが、何か他の要素が事故の原因になったのかどうかは、この調査からは分からない。運転中に電話すること自体集中力を低下させるが、それをさらに悪くする、電話使用に関係のある何か別の動作をドライバーがしていたのではないだろうか。運転中に携帯電話で話をしていて、電話番号を書き留めるために電話を耳に当てながら紙とペンを取り出そうとして、気が付いたら、車がジグザグ運転をしていたという経験がある人もいるはずだ。恥ずかしながら私もその1人だ。あるいは、電話を切ろうとして「通話終了」ボタンを探したり、キャッチホンでかかってきた別の電話に出ようとして「応答」ボタンを探したりして、道路から目を離したことはないだろうか。BlackBerry 7100モデルに付いているボタンの小ささを見れば、運転しながらこういう操作をするのがどんなに危険か分かるはずだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算