ワイヤレスUSB搭載製品の出荷は2006年--米Alereon最高経営責任者

日川佳三(編集部) 2005年09月28日 19時51分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ワイヤレスUSBなど超広帯域(UWB)無線通信技術の半導体企業である米Alereon。9月28日、来日中の同社CEO(最高技術責任者)であるエリック・ブルックマン(Eric Broockman)氏は、同社のワイヤレスUSBチップのロードマップを明らかにするとともに、ワイヤレスUSB搭載製品の出荷動向を予測した。2006年以降、USB接続はワイヤレスUSBへと徐々に置き換わっていく。

米Alereonのエリック・ブルックマン(Eric Broockman)CEO

 同社製のUWB向け半導体チップ「AL4000シリーズ」は、2006年第1四半期にトランシーバ用チップ「AL4100 Analog Front End」とモデム用チップ「AL4200 BaseBand Processor」の量産出荷を開始、第2四半期にはトランシーバ以外のワイヤレスUSB機能をワンチップにまとめた「AL4300 WUSB Client MAC/BBP」を量産出荷する。

 無線技術のうち、ワイヤレスUSBの位置付けは、通信可能距離を10メートル以内と短くする一方で数100Mビット/秒を超える転送速度を実現するもの。プリンタやUSBメモリ、デジカメなど現状はUSBケーブルで通信していた近距離のデバイス間通信を無線に置き換え、USB接続からケーブルを廃する用途に適する。用途ではBluetoothと同等であり、速度では上位に当たる。一方で、無線LANは100メートル程度の通信距離と数10〜250Mビット/秒程度の帯域を持ち、WiMAXは1キロ・メートルの通信距離を持つ一方で帯域は60Mビット/秒と狭い。

ワイヤレスUSB評価ボードの「AL4401-EVB」

 ワイヤレスUSB搭載機は2006年に出荷を迎える。まずはUSBメモリや各種メモリカード、通信カードなどメインストリームではないUSB製品が出荷を迎える。2006年秋からは、デジカメや携帯電話などモバイル機器がワイヤレスUSBで接続できるようになる。2007年第1四半期には、ノート型パソコンやプリンタ、大画面TVなどがワイヤレスUSBを搭載し始める。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化