マイクロソフト、25万人のアプリ開発者向けにASP.NET 2.0対応オンラインセミナーを提供

山下竜大(編集部) 2005年10月05日 19時12分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは10月5日、同社推定25万人のプロフェッショナル開発者を対象に、Microsoft Visual Studio 2005でサポートされた最新のウェブ開発フレームワーク「ASP.NET 2.0」の利用を促進することを目的とした新しいオンラインコンテンツシリーズ「MSDN イベント&セミナー」の提供を開始することを発表した。

 MSDNイベント&セミナーは、マイクロソフトのデベロッパーエバンジェリストが監修、解説したビデオストリーミングによる開発支援用のオンラインコンテンツ。機能紹介、オンラインセミナー、製品の活用方法を紹介するデモンストレーション、最新トピックスや特集をテレビ番組のようにご紹介する「MSDN eye」などで構成されている。

 今回、提供が開始されたシリーズでは、ASP.NET 2.0をベースとしたアプリケーション開発を中心としている。

 ASP.NET 2.0は、高いパフォーマンスとスケーラビリティ、信頼性、デプロイメント、ビジュアルなウェブ対応ユーザーインターフェース開発、ウェブサービスをサポートした最新フレームワーク。セキュリティ、ナビゲーション、データなど50種類を超えるコントロールが提供されている。

 また、ビルトインされたメンバーシップ、ロール、パーソナライゼーションサービス、改善されたデータアクセスやデータベースキャッシュなど、ウェブアプリケーション開発に必要な、さまざまな機能が提供されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!