DDoS攻撃から顧客のネットワーク全体を守るサービス、IIJが12月より提供

ニューズフロント 2005年10月27日 18時39分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は10月27日、分散サービス拒否(DDoS)攻撃の検知および対策サービス「IIJ DDoS対策サービス」の提供を12月に開始すると発表した。

 このサービスは、同社のバックボーン上に設置したDDoS対策システムをつかって、インターネットから顧客ネットワークに流れる通信の状況を把握することでDDoS攻撃を検知する。ファイアウォールなどの装置を顧客側に設置する従来のサービスと異なり、バックボーン側に機器を置いて制御することから、顧客のサーバだけでなくインターネット接続回線までを含めた総合的な防御が可能となる。

 事前に定義されたDDoS攻撃の特性を持つ通信を排除するほか、平常時の通信状況を逸脱した異常な通信状況に対しても、アクセス制御や帯域制御ができる。HTTPプロトコル以外に、通常利用しないプロトコルに対する帯域/アクセス制御機能も備えている。

 攻撃検知/アラート、通信制御/攻撃遮断といったサービスに加え、機器の設定、運用/保守、レポート提供まで専任エンジニアが一貫して担当する。防御対象とするネットワークの帯域幅に応じ、1Gbps用の「タイプA」と100Mbps用の「タイプB」を用意する。タイプBの税別料金は、初期費用65万円、月額費用49万8000円。タイプAはすべて個別見積りとなる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?