ミラクルリナックスとメディア情報開発、Java対応ウェブアプリ環境構築で協業

ニューズフロント 2005年11月10日 14時37分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ミラクル・リナックスとメディア情報開発は11月10日、Java対応ウェブアプリケーション環境の分野で協業すると発表した。メディア情報開発のJavaリッチクライアントフレームワーク「Visual Frame」とJ2EE対応コンポーネントフレームワーク「Webtribe」の構築/稼働環境用OSとして、ミラクル・リナックスの「MIRACLE LINUX V4.0 - Asianux Inside」を推奨するとともに、アプリケーション構築/稼働環境の拡充を図る。

 Visual Frameは、ウェブアプリケーションに高レベルなリッチクライアント機能を提供するためのクライアントJavaフレームワーク。Webtribeは、サーバサイドで動くコンポーネントフレームワークで、ほぼプログラミングを行うことなく、部品を組み合わせるだけでJ2EEアプリケーションを構築できるという。

 両社は、ミラクル・リナックスのISV企業向け技術/マーケティング支援プログラム「With MIRACLE 2005」を通じ、対象製品の動作検証を共同で実施する。検証過程で製品に問題が発生した場合は、協力して問題解決にあたる。また、提案案件の相互紹介や提案対象企業に関する情報共有、共同セミナーの開催など、マーケティング活動や販売推進活動でも協力する。

 なお、メディア情報開発はプラットフォームとしてLinuxを重要視しており、今後もMIRACLE LINUX対応製品のラインナップを拡充するとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!