ミラクル・リナックスがインターネットテレフォンと協業--オフィスソフトをてこにLinux採用を促進

田中好伸(編集部)

2005-08-31 21:56

 ミラクル・リナックスは8月31日、ソフト販売のインターネットテレフォンと官公庁・教育機関を対象としてLinuxに対応したオフィスソフト「EIOffice 2004+」の販売で協業することを発表した。ミラクル・リナックスは、オフィスソフトをてこに、官公庁・教育機関へのLinux採用を促進させる。

 EIOfficeはMicrosoft Office形式ファイルとの互換性を保持しており、ワープロ、表計算、プレゼンテーションの機能を使える。また教育機関向けの機能として、数式・化学式・電気回路図・化学実験図を作成できるサイエンス・エディターが搭載されている。

 ミラクル・リナックスとインターネットテレフォンの両社は協業の具体的な内容として(1)教育機関向けに「EIOffice 2004+ アカデミック」を特別価格(具体的には未定)で販売していく、(2)EIOfficeやミラクル・リナックスが販売するLinux製品の動作検証を共同で実施する、(3)提案案件を相互に紹介し、提案対象団体に関する情報を共有し、共同でマーケティングや販促活動を実施する--の3点を決めている。

 EIOfficeはJavaで開発され、Windows、MacOS、Linux、Solarisの各基本ソフト(OS)に1つのソフトで対応するマルチプラットフォーム・ソフト。中国のWuxi Evermore Software, Inc.(エバーモア・ソフトウェア)が開発している。なお、現在インターネットテレフォンが販売している日本語版EIOfficeが対応するのはWindowsとLinux。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]