編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ユヒーロとミラクル・リナックス、データベースサーバー監視分野で協業

WebBCN (BCN)

2005-08-03 10:50

 ユヒーロ(伊藤寛之社長)とミラクル・リナックス(佐藤 武社長)は8月2日、データベースサーバー監視分野で協業すると発表した。

 ユヒーロのデータベース対応統合監視システム「HiTo!(ハイトゥー)」と、ミラクル・リナックスのLinux OS製品「MIRACLE LINUX V3.0 - Asianux Inside」を組み合わせて構築されたデータベースサーバーの運用・監視コストの削減と、セキュリティ対策を強化することが目的。

 両社は、相互に技術支援を行うとともに、「MIRACLE LINUX」に最適なデータベースサーバー管理ソリューションの拡充を図る。さらに、ミラクル・リナックスのサーバーセキュリティ製品「MIRACLE HiZARD」と連携したトータルなセキュリティソリューションの拡充についても対応していく予定。

 具体的には、(1)ミラクル・リナックスのLinux製品とユヒーロのデータベース対応統合監視システム製品に関する動作検証を共同で継続して実施、(2)両社製品を利用したデータベース管理・監視ソリューションの販売拡大に向け、提案案件の相互紹介や提案対象企業に関する情報共有、(3)共同セミナーの開催、マーケティング活動の共同実施―─などを行う。

ユヒーロ

ミラクル・リナックス

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]