編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ミラクルと日本オラクル、ドットヒル、DBサーバ利用促進に向けLinuxクラスタで協業

ニューズフロント

2005-08-25 16:26

 ミラクル・リナックスと日本オラクル、ドットヒルシステムズの3社は8月25日、Linuxクラスタ分野で協業すると発表した。データベースサーバのLinux環境下での利用促進を目的として、信頼性、可用性、拡張性に優れたエンタープライズクラスタソリューションの提供に取り組む。

 この協業により、3社はそれぞれの製品を組み合わせ、高可用性を低コストで実現するローエンドから、ダウンタイムを最低限にとどめるハイエンドなミッションクリティカル分野まで、ビジネス用途に応じて段階的に適用可能なクラスタ環境を提供する。

 具体的には、システム構築および運用支援サポートを含むLinux高信頼データベースクラスタ製品群「高信頼DBクラスタ・ソリューション」を販売する。ローエンド向けやハイエンドミッションクリティカル分野向けなど、3パターンの構成を用意する。各構成の概要は以下のとおり。

  • ローエンド・クラスタ:
    共有RAIDを使用しない2ノード運用待機クラスタ構成

  • ミッドレンジ・クラスタ:
    システムを冗長構成するとともに、2ノード運用待機構成または2ノードSE RAC構成

  • ハイエンド・クラスタ:
    システムを冗長構成するとともに、4ノードまで拡張可能なクラスタ構成

     3社は、今後3年間で100セットの販売を見込む。

     さらに、各種販促ツールの企画や作成、セミナーおよびイベント、プロモーションの実施、動作検証、社内外への販売および支援体制の強化でも協力する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]