三菱電機、3.5インチテープ内蔵可能な低騒音のIAスリムサーバを発売

エースラッシュ 2005年11月16日 20時35分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三菱電機は省スペースかつ低騒音のIAスリムサーバ「三菱サーバコンピュータFT8600シリーズ モデル100Sa」を、11月17日から販売する。

 100Saは大きさが幅95mm×奥行き420mm×高さ341mmで、同社の従来製品と比べて設置面積を約40%削減した。図書館などでも置ける約40dBという静音設計に加え、転倒防止金具の薄型化により筐体左右のスペースも有効活用できるようになっている。3.5インチテープのバックアップ装置が内蔵可能なほか、ハードディスクも2台まで搭載できるため、オンボードRAID機能と組み合わせたミラーリングがオプションなしでできるのが特徴だ。拡張スロットとしてPCI Expressスロット2基と、PCIスロット2基が用意されている。

250
FT8600シリーズ モデル100Sa

 OSはWindows Server 2003 x64 Standard EditionまたはWindws Server 2003 Standerd Editionのいずれかが選択可能。サーバ管理機能として、主要コンポーネントの電圧/温度/冷却ファン回転数などの監視や、イベントログを記録し設定に従って外部に自動通報する機能などが標準搭載されている。管理端末はLANやWANを通じて遠隔操作による電源切断や再起動も可能だ。

 価格は選択するOS、プロセッサによって異なるが、税込で14万4600円からとなっている。製造、販売、保守は三菱インフォメーションテクノロジーが担当する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!