アイピーロックスジャパン、中規模企業向け個人情報保護対策ソリューションを提供開始

CNET Japan Staff 2005年12月13日 02時11分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイピーロックスジャパンは12月12日、中規模企業向けのデータベースセキュリティソリューション「IPLocks クイックスタート」の提供を、2005年12月14日より開始すると発表した。

 IPLocks クイックスタートは、「個人情報へのアクセスの記録および分析」と「個人データを取り扱う情報システム(特にデータベースシステム)の監視および監査」を手軽に実現できるソリューション。自動設定ウィザードを用いることで、個人情報保護対策に特化したルールをユーザー自身で設定でき、その日から「自動監視」の機能が利用可能になる。

 また、稼動した後、段階的に追加の監視ルールを設定してセキュリティのレベルを上げていくことも可能。自動監視機能で検知したデータベースに対する不審な動きは、あらかじめ設定してある管理者のメールアドレスにアラートとして自動的に送られる。

 価格は基本ソフトウェアライセンス(150万円)をベースに、サーバのハードウェアおよびOSとのセットで各パートナーから個別見積もりにて提供される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?