日立ソフト、IBM製パフォーマンス管理製品と連携可能な負荷テストツール

ニューズフロント 2006年01月17日 16時35分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立ソフトウェアエンジニアリングは1月17日、米IBM製パフォーマンス管理製品との連携を強化したウェブアプリケーション負荷テストツール「Assam WebBench Version 9.1 Enterprise Edition(EE)」を2月15日に販売開始すると発表した。

 Assam WebBench用の連携オプションを利用すると、IBMのコンポジットアプリケーション管理製品「Tivoli Composite Application Manager for WebSphere(ITCAM for WAS)」およびリソース監視製品「Tivoli Monitoring(ITM)」との連携が可能になる。

 これにより、Assam WebBenchで得た負荷テストの測定結果とITCAM for WASで取得したアプリケーションのパフォーマンスデータをAssam WebBenchに取り込み、クライアントサイドとサーバサイドのパフォーマンスデータをAssam WebBenchで一元的に分析できるため、日立ソフトは「ボトルネックの簡易な分析、早期発見に大変役立つ」としている。ITMとの連携では、負荷テストの測定結果をITMで管理したり、ITMのリソース監視結果とあわせて詳細に分析できるため、ウェブアプリケーションのパフォーマンス問題によるビジネス機会損失防止を強力にサポートできるという。

 日立ソフトは、Assam WebBenchの年間100ライセンスの販売を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?