テンアートニ、OSS混入を調査し権利侵害をチェックする「protexIP v3.0」

ニューズフロント 2006年01月30日 19時37分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 テンアートニは1月30日、自社ソフトに対するオープンソースソフト(OSS)混入を検査するツールの新版「protexIP v3.0」を販売開始した。価格はユーザー数と検査対象ソースコードのサイズによって異なり、年額378万円から。

 protexIPは、自社ソフト内にOSSのソースコードが含まれていないかどうか調べることで、OSSに対する権利侵害の有無を確認できる。新版では、新たにバイナリファイルの検査ができるようになった。検査時に参照するデータベースであるナレッジベースを拡充し、OSSのほか500種類以上の商用ライセンスと、1800種類以上のリポジトリも検査対象に含めた。

 また、ライセンス名や会社名、作者名など、文字列で示したキーワードの有無も調べられる。一度検査に使用したキーワードは、自動的にナレッジベースに登録される。検索レポートは、ExcelやXML形式のデータで出力できる。対応OSは、Red Hat Enterprise Linux 3.x/4.x、SUSE LINUX Professional 9.xとなっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!