テンアートニ、SteelEye Technologyの株式を約19億7000万円で取得

CNET Japan Staff

2006-01-27 18:46

 テンアートニは1月27日、同日開催された取締役会において、米国に本社を置くSteelEye Technologyの全株式を取得することについて基本合意したことを発表した。買収金額は1700万ドル(約19億7000万円)。最終合意に至った場合、SteelEye Technologyはテンアートニの子会社となる。

 SteelEye Technologyは、情報システムの障害時に待機用システムへの自動切り替えを行うHA(ハイアベイラビリティ)クラスタソフトウェア「LifeKeeper」の開発、販売を行なっているソフトウェア開発会社。LifeKeeperは、Linuxで稼動するクラスタシステムとして世界でもトップクラスのシェアを持っている。

 日本では、2000年よりテンアートニが大手システムインテグレーション会社などを通じてLifeKeeperを販売、保守サービスを提供。IDCJapanの「2005年国内HAクラスタリング/サーバーバーチャライゼーションソフトウェア市場」調査におけるライセンス売上では、国内第2位のシェアを獲得している。

 テンアートニでは、SteelEye Technologyを子会社化することで、製品価値のより一層の向上と全世界での売上向上を目指す。また、SteelEye Technologyが保有する米国や欧州の販売網を通じ、製品やサービスの海外展開も行っていく計画だ。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]