編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

テンアートニがFirefoxの全社導入を完了、企業向け導入支援サービス提供へ

ニューズフロント

2005-05-25 15:36

 テンアートニは5月25日、社内標準ウェブブラウザとして指定した米Mozilla Foundationのオープンソースブラウザ「Mozilla Firefox」について、全社への導入を終えたと発表した。同社は全社導入で得たノウハウをもとに、企業向けFirefox導入支援サービスの提供を7月1日に開始する。

 同社はセキュリティ対策とクライアント管理コスト削減を目的に、2004年11月の同ブラウザ公開直後から導入を進めていた。導入過程では、社内導入に必要な機能と課題を取りまとめ、Mozillaソフトウェアの普及推進を図る国内組織であるMozilla Japanに提言を行った。

 こうした活動の結果、管理者のセキュリティレベル向上、クライアント設定の集中管理による管理コスト削減、プロキシ設定の自動化によるユーザーの利便性向上といった効果が得られたという。

 また、同社はFirefoxの導入を検討している企業に対し、導入コンサルティングおよび電子メールによるテクニカルサポートを提供する。このサービスでは、電子メールクライアント「Mozilla Thunderbird」もサポート対象とする。

テンアートニのプレスリリース

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]