編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

テンアートニ、セキュアOSのコンサル・導入サポートを7月に開始

ニューズフロント

2005-05-27 13:26

 テンアートニは5月26日、セキュリティを強化したLinuxである「Security-Enhanced Linux(SELinux)」と「Linux Intrusion Detection System(LIDS)」を対象としたコンサルティングおよび導入サポートサービスの提供を7月1日に開始すると発表した。

 SELinuxは、Linuxカーネル2.6で採用されたカーネルモジュール。アクセス権限を細分化することで、不正アクセスによる侵入を防ぐ。米国家安全保障局(NSA)が開発し、GNU General Public License(GPL)に従って配布している。

 一方のLIDSは、設定や管理が簡単であるにもかかわらず、通常のLinuxより強力なアクセス制御を施すことが可能なLinux用セキュアOSモジュール。技術面の問題などでセキュアOS構築に不安を感じるユーザーでも、構築や運用管理がしやすいという。ただし、「これまでサポートサービスを提供する企業が存在しなかったため、活発には導入されていない」(同社)。

 同社が提供するサービスのメニューは以下の通り。

  • 導入コンサルテーション
  • 各種ポリシーのカスタマイズ
  • オンサイト導入
  • 導入後の運用保守
  • システムインテグレータへのセキュアOS導入時の支援

テンアートニのプレスリリース

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]