Mac miniとOSSでサーバを構築--ワイズノット「オープンソース基本導入パック」

ニューズフロント 2006年02月02日 15時14分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ワイズノットは2月2日、アップルコンピュータのMac miniとオープンソースソフト(OSS)を組み合わせて各種サーバを構築する「オープンソース基本導入パック」を発表した。導入や保守サービスも合わせて提供する。

 OSSがプリインストールされているため、導入が短期間で済む。標準構成で「初期導入オンサイトサポート」サービスが付属するので、IT専任者を持たない企業でも利用を始められるという。「特に中小企業や、大企業の部門組織に最適なシステム構成であり、従来のネットワーク導入にかかる金銭的/人的コストはもちろん、サーバ設置スペースを省ける」(ワイズノット)

 イントラネット専用の「イントラパック」と、インターネット接続にも対応可能な「Webパック」の2種類を用意する。価格は以下のとおり。

  • イントラパック
    3年:91万3500円
    4年:105万円
    5年:119万7000円

  • Webパック
    3年:169万500円
    4年:207万9000円
    5年:247万8000円

 ワイズノットでは、今後さらに導入可能なOSSの種類を増やし、同パッケージを利用するだけで社内環境を構築できる内容にするとしている。初年度の連結売上高は5億円と見込む。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?