ビートラステッド、ウェブサイト脆弱性診断サービス「HACKERSAFE」を提供開始

ニューズフロント 2006年03月01日 14時38分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ビートラステッド・ジャパンは3月1日、米ScanAlertのウェブサイト脆弱性診断サービス「HACKER SAFE」の販売を開始した。

 HACKER SAFEは、ウェブサイト向けの安全証明サービス。米Visa International、米MasterCard International、米American Expressといった主要カード会社が義務付けるオンラインショッピングセキュリティの必須条件を満たしており、世界で7万サイトが導入している。自動遠隔スキャンでウェブサイトに対して脆弱性診断を実施し、安全を証明するマークを発行する。

 ビートラステッドでは、同社のサーバ証明書サービス「SureServer」を併用することで、脆弱性診断だけでなく、ウェブサイトを公開している企業の実在性の証明と、SSLによる暗号化通信の利用が可能となり、「インターネットの脆弱性に対しよりセキュアな環境を構築できる」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから