2005年ITアウトソーシング市場は1兆7863億円規模、2010年には2兆4092億円に

ニューズフロント 2006年03月24日 14時29分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IDC Japanは3月23日、国内ITアウトソーシング市場に関する調査結果を発表した。それによると、2005年の市場規模は1兆7863億円で、前年に比べ7.0%拡大した。IDCは2005年〜2010年の年平均成長率を6.2%と予測し、2010年には2兆4092億円規模に達すると見込む。

 また、サービスベンダーのITアウトソーシング事業も良好に推移しており、2005年3月期のITアウトソーシング売上高は、主要サービスベンダー15社のうち7社が2ケタ成長を達成している。

 IDCは「2005年の国内ITアウトソーシング市場に変化がみられ、市場を促進する要因が『経済不況下におけるコスト削減』から『企業の成長を助力するサービス』へと変わった」と指摘する。ユーザー企業の業務に改善や改革をもたらさない現状維持を主体としたサービスでは、サービス価格の低下がみられる。その一方で、ユーザー企業の業務改善や事業強化につながるサービスは高い関心を集め、国内ITアウトソーシング市場促進の大きな要因となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから