編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

ネットワンとJBS、JBSテクノロジーのテクニカルアウトソーシングビジネスを共同事業化

CNET Japan Staff

2006-02-14 05:18

 ネットワンシステムズと日本ビジネスシステムズ(JBS)は2月13日、JBSの子会社でテクニカルアウトソーシング事業を展開するJBSテクノロジーを共同事業化することで合意したと発表した。

 この共同事業化で両社は、コンピュータシステムとネットワークシステムのどちらにも精通した技術者をJBSテクノロジーで育成する。2010年度に国内のシステムインテグレーター、ネットワークインテグレーターに派遣する技術者を800人に増員し、売上高60億円を目指し、技術、ノウハウの相互提供によってエンジニアのレベルアップも目指している。

 共同事業化に伴い、ネットワンはJBSテクノロジーの第三者割当増資を引き受け、取締役2人と監査役1人を派遣する。引き受け額は1億2000万円で、2006年3月末の払い込みを予定している。払い込みが完了すれば、JBSテクノロジーの資本比率はJBSが59%、ネットワンシステムズが41%となる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]