編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

ミラポイントが中小企業向けメールアプライアンスを販売開始--グループウェアとウェブメールを統合

田中好伸(編集部)

2005-12-12 22:22

 メールセキュリティ対策のミラポイントジャパンは12月12日、従業員数50〜500人の中小企業向けメールアプライアンス「Mirapoint Message Server M50」の販売を開始したことを発表した。メールサーバ機能に加え、ウイルス対策や迷惑メール(スパム)対策、グループウェア、ウェブメール機能も搭載。同社では「業界初のオールインワンのアプライアンス」としている。

 M50は高さ1Uの19インチラックマウントで、ハードディスクの使用可能領域が53GバイトのM50-B1と113GバイトのM50-B2の2モデルが用意されている。希望小売価格はM50-B1が189万円、M50-B2が241万5000円となっている。

「M50はTCOを低く抑えられる」ミラポイントジャパン社長の湯佐嘉人氏

 同社は代理店経由でオープン価格での販売を展開してきたが、「ユーザー企業からオープン価格ではわかりにくいという声を聞いて、わかりやすい希望小売価格で販売することにした」(ミラポイントジャパン社長の湯佐嘉人氏)としている。

 M50には、POPやIMAP、ウェブメール、グループウェア、LDAPディレクトリサーバ、ウイルス対策、スパム対策の各ソフトがインストール済み。各ソフトのライセンスを購入することで、稼働させることができる。

 ソフトを稼働させるためのライセンスは、POP、IMAP、ウェブメール、グループウェア、LDAPのライセンスをまとめた「メールパッケージ」と、ウイルス対策とスパム対策をまとめた「セキュリティパッケージ」が用意されている。

 希望小売価格はメールパッケージが50ユーザーまでで31万5000円、セキュリティパッケージが50ユーザーまでで年間利用料が10万5000円となっている。各パッケージは50ユーザー単位で購入でき、それぞれ最大10パックまで購入可能となっている。

 ウイルス対策機能は、英Sophosのウイルス対策エンジンを採用、スパム対策では、イスラエルCommtouchの技術を活用したMirapoint RAPID Anti-Spamを採用している。これらの機能は、「セキュリティアプライアンスであるMirapoint RazorGateに搭載されているものと同等の能力」(SEマネージャの佐藤栄治氏)という。

 プロダクトマーケティング&テクニカルでシニアマネージャを務める徳久賢二氏は、「M50の競合製品はマイクロソフトのExchangeシリーズやSendmail」と説明。「ExchangeやLotus Notesなどのソフトベースのものでは、別途セキュリティ機能のソフトを購入する必要があり、またセキュリティホール対応でパッチ適用作業を度々迫られ、TCO(総所有コスト)が高くなる。M50は、競合製品よりTCOを低く抑えられる」(徳久氏)とM50の優位性を強調している。

 メールパッケージに含まれるウェブメールは「Mirapoint Webmail Corporate Edition」、グループウェアは「Mirapoint Webcal Corporate Edition」。両ソフトはともに「HTMLとXMLで構成され、企業イメージやカラーに合わせたカスタマイズが可能」(佐藤氏)という。

 ミラポイントジャパンは、M50の販売目標を今後1年間で5億円としている。同社は、シーティーシー・エスピー(CTCSP)、日商エレクトロニクス、ネットワンシステムズの計3社の一次代理店を中心にM50を販売していく。それとともに2005年末から2007年3月末までに二次代理店を15社程度までに拡充していく方針を明らかにしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

関連キーワード
クラウド基盤

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]