ミラポイント、振る舞いに基づくウイルス検知機能を発表

田中好伸(編集部) 2005年10月24日 21時05分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メールセキュリティ対策のミラポイント・ジャパンは10月24日、プログラムの振る舞いに基づいてウイルスを検知するソフトウェア「Mirapoint RAPID Anti-Virus」を12月中旬から販売すると発表した。

「未知のウイルス、ワームにはビヘイビアベースの検知が必要」Bethany Mayer氏

 米Commtouchの「Zero Hour Virus Protection」をベースにしたRAPID Anti-Virusは、ミラポイントのメールセキュリティ対策アプライアンス「RazorGate」シリーズ、メールサーバアプライアンス「Mirapoint Message Server」上で稼動する。日商エレクトロニクス、シーティー・エスピー(CTCSP)、ネットワンシステムズなどの販売代理店を通じて販売される。なお価格については10月24日現在、未定としている。

 既存のウイルス検知は、ウイルス対策企業から配信される定義ファイルにシグネチャがあっているかどうかで判断されている。このようなシグネチャを基にした(シグネチャベース)ウイルス検知について、米Mirapointで最高マーケティング責任者(CMO)を務めるBethany Mayer氏は「定義ファイルが更新されるまでに数時間のタイムラグが生じることになり、ウイルスの拡大に間に合わないことがある」と指摘。

 昨年11月に発生した「Beagle.AV」と呼ばれるウイルスは、「プログラムの振る舞いに基づいた(ビヘイビアベース)ウイルス検知でMirapointが検知してから、5時間34分後に大手ウイルス対策企業から定義ファイルが更新されている」(Mayer氏)という。ビヘイビアベースのウイルス検知は「発生してから数時間のうちに大発生するような“ゼロ時間ウイルス”による被害を未然に防ぐことができる」(Mayer氏)とその優位性を強調している。

 なお、RAPID Anti-Virusは、挙動の怪しいプログラムを一時的に隔離するという仕組みをとっており、実際にウイルスへの検疫機能を持っていない。そのために「シグネチャベースのウイルス検知とRAPID Anti-Virusは“補完関係”にある」(Mayer氏)としている。ミラポイントでは、従来のシグネチャベースの「Mirapoint Anti-Virus」とRAPID Anti-Virusを組み合わせて、ウイルス対策を進めていくとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化