IBM、Eclipse対応の新しいソフトウェア群と学生向けコンテストを発表

CNET Japan Staff 2006年03月27日 08時38分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMは3月21日、サンタクララで開催されたオープンソース開発環境のイベント「EclipseCon 2006」において、Eclipse基盤の新しいツールとコンテストについて発表した。

 IBMは4000万ドル相当の技術を寄贈し、「Eclipseオープンソース・プロジェクト」の発足を主導。さらに2004年には、非営利団体である「Eclipse Foundation(エクリプス財団)」の発足を支援した経緯がある。

 今回発表した新しいツールとコンテストは以下のとおり。

  • 統合設計ツール「Rational Data Architect」
  • 電子フォームツール「Workplace Forms Designer 2.6」
  • プラグインツール「Instant Help Interface plug-in」
  • 大学生向けの国際コンテスト「2006 IBM Eclipse Innovation Award」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR