編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

BEA、開発ツールの強化を目的にEclipseベースのツールベンダーM7を買収

山下竜大(編集部)

2005-09-29 09:06

 米BEA Systemsは9月28日、Eclipseベースのツールを提供しているM7を買収することを発表した。M7の買収は、BEAがサンタクララで開催しているユーザーカンファレンス「BEA World 2005」の基調講演の中で、同社のCTOであるMark Carges氏により発表された。

 BEA World 2005でBEAは、商用ツールとオープンソースを組み合わせることでアプリケーションの開発生産性を向上させる“ブレンド・アプリケーション”戦略を発表したばかり。M7の買収は、ブレンド・アプリケーション戦略を具現化する取り組みの1つになる。

 クパチーノに本拠を置くM7は、Eclipseをベースとした「NitroX」と呼ばれる統合開発環境(IDE)を提供する開発ツールベンダー。NitroXは、オープンソースのフレームワークであるStrutsやO/RマッピングツールのHibernate、J2EE標準のJava Server Faces、JavaServer Pagesなどを含む間発環境で、高品質なアプリケーションを効率的に開発することができる。

 基調講演でCarges氏は、「M7の買収により、BEA Workshopを中心に、EclipseやWebLogic Portal、WebLogic IntegrationおよびNitroXなどをすべて統合することで、より包括的なWebLogic for Javaと呼ぶにふさわしい開発環境を実現できる」と話している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]