日本BEA、ESB機能を搭載した「BEA AquaLogic」の新製品を販売開始

エースラッシュ

2005-08-23 17:59

 日本BEAシステムズは8月23日、「BEA AquaLogic」の新製品として、ESB(エンタープライズ・サービス・バス)機能を搭載した「BEA AquaLogic Service Bus 2.0J」の発売を発表した。発売は8月24日から。

 BEA AquaLogic Service Bus 2.0Jは、異種混在環境でのサービス指向アーキテクチャ(SOA)構築においてサービスの構成や接続、管理をコスト効率よく行うことを目的としたもの。ESBの統合機能に加えてWebサービス管理機能を1つのソフト製品に集約することで、SOAの構成と実装に要する時間を短縮、共有サービス管理の簡素化が可能になる。

 「BEA AquaLogic Service Bus 2.0J」は同社およびパートナ企業を通じて全国で販売されるほか、同社サイト内の「Evaluation Center」にて、8月24日より無料評価版のダウンロード配布も開始する。なお、推奨リテール価格表に基づく「BEA AquaLogic Service Bus 2.0J」のライセンス料金は1CPUあたり税別560万円からで、具体的な価格についてはシステム規模や構成案件などによって異なる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]