ウインドリバー、最新版XScale「Monahans」向けの開発用Linuxプラットフォーム

ニューズフロント 2006年04月18日 15時05分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウインドリバーは4月18日、Intel XScaleプロセッサの最新製品系列「Monahans」(開発コード名)に対応するコンシューマ機器向けLinuxプラットフォーム「Platform CD Linux版」を発表した。ウインドリバーは、サンプル出荷を始めた。

 Platform CD, Linux版は、Linuxカーネル2.6.14と、ウインドリバーの開発スイート「Workbench」で構成する。Platform CD Linux版を利用すると、「次世代ハンドヘルド機器用プロセッサとしてMonahanファミリーを活用するメーカーは、革新的かつ差別化した製品開発が行える」(ウインドリバー)。

 さらに、ウインドリバーは「プロフェッショナルサービスを拡充し、Monahansファミリーのサポートを積極的に行う」とする。具体的には、ハンドヘルド機器のメーカー向けに、開発、インテグレーション、カスタマイズ、最適化、トレーニングなどの各種サービスを提供していく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR